アパレル在庫の卸売・仕入れサイトSMASELL(スマセル)メディア

副業でアパレル販売をするために!成功のコツと注意点

副業でアパレル販売をするために!成功のコツと注意点

ここ数年でますます広がる副業

本業以外にもう1つの収入を得るとしたら、大好きなファッションや洋服・アパレルにかかわる仕事がしたいなあ…と考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、働きながら「副業」としてアパレル販売をする方法や、立ち上げがうまくいくコツ、注意点などを解説します。

これからは「副業があたりまえ」の時代に?

日本では、長いあいだ終身雇用がメインで、副業を禁止する会社がほとんどでした。

しかし、近年はそれが崩れつつあり、さまざまな働き方が広がりつつあります。

2017年に会社員5000人を対象に行われたアンケートでは、88%もの人が「副業に興味あり」と回答。

同じ年、政府が発表した「経済財政運営と改革の基本方針2017」でも、企業に向け、副業を希望する社員には、健康には配慮しつつ柔軟に認めていくよう提言しています。

そこへ2020年の新型コロナウイルス流行のために業績が悪化し、雇用を維持するかわりに、時短勤務や週3~4日出勤として、副業を認める企業もあらわれました。

働く人の側も、在宅勤務・テレワークでこれまでの通勤時間が浮き、その時間で何か副業をしてみようかな…と考える人が増えています。

この調子で環境が整っていけば、これからは「副業があたりまえ」の時代に突入するかもしれません。

副業でアパレル販売・転売を立ち上げるコツ

「せっかく副業するなら、大好きなファッション・アパレルを扱う仕事がしたい!」

そんな風に思いませんか?

実は、アパレル販売は、とても副業に向いているんです!

具体的にはどのような方法があるのか見てきましょう。

ショップ・店舗でアパレル販売をする

勤め先・本業でどのような副業も禁止されていない…という場合、大好きなブティックやセレクトショップでアルバイトとして働くことも可能です。

従業員割引制度のあるショップも多いので、お気に入りの洋服がお得に手に入るというメリットもあります。

ただ、やはり店頭に立つのは時間的・身体的な負担が大きいもの。

本業でフルタイム勤務したあとや、ショップの繁忙日である週末にすべてアルバイトを入れてしまうと、過労など健康面で不安が残ります。

リサイクルショップなどを利用したアパレルの「せどり」

ショップに出勤するよりも比較的時間の自由がきくのは、リサイクルショップなどで中古のアパレルを仕入れ、オークションサイトなどに出品する「せどり」です。

「今月は本業が忙しいから副業はひかえめに」など、自分のペースで仕入れに出かけることができるのがメリット。

掘り出し物を見つければ大きな利益が出せることもあるため、センスや目利きに自信のある人はやりがいがある副業といえるでしょう。

ただ、一日で回れるリサイクルショップの数には限りがあり、副業ではまとまった収益を得にくいというデメリットもあります。

アパレルのネットショップを開業する

オークションサイトやフリマアプリでの販売は、たくさんの人に見てもらえるのはメリットですが、登録料や手数料などを支払わないといけないため、手もとに残るお金がやや減ってしまうのが残念。

それなら、自分でネットショップを作って販売する方法もあります。

「そんなの難しそう…」
「やり方がわからない」

と思うかもしれませんが、現在は、ネット上で、画面のとおりに入力していくだけで、パソコンや経営に詳しくない人でもかんたんに開設できるネットショップのサービスがたくさん出ています。

(関連記事)【失敗しないアパレルネットショップ開業】初心者が知っておくべきこと3つhttps://blog.smasell.jp/archives/1770

「販売する方法はわかったけど、仕入れはどうするの?」
と疑問に思う方もいるかもしれません。

仕入れにもさまざまな方法がありますが、副業でアパレル販売をするなら、わざわざ出かける手間がかからず、通勤や家事の合間・深夜など都合のいい時間にポチッとスマホから注文できる「仕入れサイトがイチオシです。

アパレルのネット仕入れサイトを選ぶときのポイントは、

・ファッション(なかでもレディースファッション)の取り扱いが豊富
・信頼できるサプライヤー(売り手)の商品を扱っている
・新品/中古や、まとめ買い/1点買いなど、仕入れ方の選択肢が豊富
・仕入れ価格が安い

など。

アパレル在庫の卸売・仕入れサイトSMASELL(スマセル)」は、正規品やブランド商品を含め、信頼のおけるメーカーや問屋の在庫を中心とした仕入れサイトです。しかも最大99%OFFと驚きの安さも実現。

(関連記事)スマセルはなぜ安いの?安さの理由/廃棄問題に取り組むSmasellhttps://blog.smasell.jp/archives/800

SNSでアパレルを販売する

Instagram(インスタグラム)やYoutube(YouTube)をはじめとした各SNSでファッションコーディネートなどを発信していてフォロワーがたくさんいる人は、SNSのプロフィールやリンク経由でおすすめのアパレル商品を販売することもできます。

販売場所は、上で紹介したように自身のネットショップはもちろんのこと、「ライブコマース」と呼ばれるオンライン配信型のショッピングサイト、「楽天ROOM」などのショッピングSNS、ブログに販売用のリンクを貼るなど、さまざまな方法があります。

すきま時間で投稿できるSNSは、副業と非常に相性がよい方法。

また、主婦のSNS利用者は非常に多いので、ファッション好きな主婦・ママで、SNSのフォロワーさんがたくさんいる人は、その人気をぜひ副業に生かしてみてはいかがでしょうか。

(関連記事)主婦こそネットショップがおすすめ!失敗しない販売&仕入れはこうするhttps://blog.smasell.jp/archives/2010

副業でアパレル販売を行うときの注意

会社で禁じられている場合は無理しない

副業解禁が国の方針とはいえ、業種によっては、会社の就業規則で副業が禁じられていることもあります。

黙っていればわからない…と思っても、副業の売上は税務署に申告する義務がありますし、その結果、翌年の申告額などで経理担当者にはわかってしまうケースも。

規則違反で本業を失っては本末転倒ですので、「副業をしようかな?」と思ったら、事前によく就業規則を見直したり、総務担当者などに確認しておきましょう。

年間の所得額を把握しておく

ただし、副業でアパレル販売を行った場合でも、年間の所得額(売上額から、仕入れ代金やサイト管理費などの経費を引いた額)が20万円以下の場合は、確定申告は必要ありません。
(※住民税の申告は必要です。くわしくはお住まいの自治体で確認して下さい。)

とくに、副業をはじめたばかりで「年間20万円ギリギリかな…?」という場合、年明けの確定申告にはそれなりに手間がかかります。

常に1~12月の所得がいくらくらいになるのかは把握しておきましょう。


国内最大級のアパレル仕入れサイト「スマセル」は、1点からまとめ買いまで幅広い品揃えと、初心者でも使いやすいと定評があり、はじめての副業・アパレル販売の「仕入れ」で役立つこと間違いなし!

登録は無料です。ぜひ一度のぞいてみて下さいね!

販売ノウハウカテゴリの最新記事