アパレル在庫の卸売・仕入れサイトSMASELL(スマセル)メディア

育児と仕事を両立させる。メルカリ歴4年のAKIさんにインタビュー

育児と仕事を両立させる。メルカリ歴4年のAKIさんにインタビュー

今回はスマセルアンバサダーであり二児の母であるAKIさんにインタビューし、アパレル販売を楽しく続けるコツについてお伺いしました!

メルカリは主婦も社会と繋がりが持てる場

アパレル業界に10年勤め、結婚し退職され今は二児の母であるAKIさん。

”少しでも家計の足しになるよう働きたい。でも子供たちのためにも家にいてあげたい。”

そんな思いから、たまたま雑誌で見かけた「メルカリでの不用品販売」を始められました。

はじめは利益をあげようという気持ちではなく”譲る”気持ちで始めてみたところ、メルカリでの子供服の出品から、購入者とのメッセージのやり取りの中で、商品のことだけでなく育児の相談など、他のママ友とコミュニケーションが生まれることが多くなりました。

また、
「メルカリ販売を行う中で自分が不要と思っているものでも誰かにとっては必要なもので、そういったやり取りの中で社会から必要とされていると感じられるようになった」
とも語ってくださいました。

家の不良品を売り切り、商品の仕入れサイトを探している中でスマセルを発見し、利用を始められました。メルカリを始めて4年で成約数1000件を超え、プロバイヤーとして販売を続けていらっしゃいます。

スマセルだと不安なく仕入れを始めることができた

アパレル仕入れでは、ある程度の初期費用を要します。
「子どももいるし、失敗したくない」「出来ればリスク少なく始めたい」
という主婦の方が多いのではないでしょうか。

スマセルを活用し始めた際、AKIさんは実際にどうだったかを伺ってみたところ、
一着から安く著名ブランドの服を仕入れることが出来たため、試し購入などもしやすく不安少なく始めることが出来た」とお答えいただきました。

アパレル仕入れの卸売り・仕入れサイト SMASELL(スマセル)」では、個人が無料で登録でき、仕入れサイトでは少ない1点から仕入れることが出来ます。
また、著名ブランドが多数出店されているのでメルカリで出品しても売れやすい商材が集まっています。
さらに最大定価の99%OFFという驚きの価格で購入出来るのも魅力の一つ。
安く仕入れることが出来るため、初期投資も少なく試すことが出来ます。
子供服も沢山扱っていますので、ぜひご覧になってみてください。
→子供服トップ 詳しくはこちら

AKIさんから学ぶ育児と仕事の両立

・自分にプレッシャーをかけすぎない

アパレル販売は「継続する」ことが大切。
もちろん毎日出品を目標に掲げるのも良いですが、AKIさんは自分自身にプレッシャーをかけすぎないことをコツとして挙げてくださいました。
ワンオペ育児をしながら、家事などもこなす主婦。
だからこそ、「やらなければならない」とストレスにならないよう、あえて目標を低く設定することで、
出品出来なかった自分を責めてしまったり、出品が苦になることもなく、
楽しく販売を行うことが出来るとのこと。

・購入者と丁寧にコミュニケーションを取る

また、購入者の方と丁寧にコミュニケーションを取ることを心がけていらっしゃるAKIさん。
時には商品以外に育児や子供の相談を受けることもあるそうです。
コミュニケーションを重ねることでリピーターさんも増え、
「自分が社会に必要とされている」「自分は孤独じゃないんだ」
とやりがいを感じ、喜びに繋がっているとのこと。

そういった経験があるからこそ、AKIさんにとってメルカリを活用することは「辛く、しんどい」ものではなく、「この服を必要とする誰かが待ってくれている」と感じることのできる「楽しく、リラックス出来る時間」になっています。

アパレル販売を通して人生のやりがいやコミュニティを得たAKIさん。
育児と仕事の両立に悩む主婦の方々に、
「アパレル販売という一つの生き方を提案し、始めてみてもらいたい」と話して下さいました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
AKIさんにインタビューさせて頂き、お金を稼ぐだけでなく自身のコミュニティを築き、人生のやりがい得ることも出来る仕事なのだと、改めて感じました。
そのようなやりがいも、AKIさんの丁寧なやり取りとコミュニケーションから生まれたのだと思います。

自身のやりがいや社会との繋がりを求める方々のお手伝いが出来るよう、これからも取り組んでまいります。

アパレル在庫の卸売・仕入れサイト

アパレル企業が残った在庫などを出品し、小売店の方やメルカリ・ヤフオクなどのフリマアプリ副業をやっているようなバイヤー様が購入できる仕入れサイト 

今すぐスマセルを使ってみる!

購入者インタビューカテゴリの最新記事