繊維・アパレル・ファッション業界の在庫処分・廃棄問題にSDGs視点で取り組む、アパレル卸売・仕入れサイト「SMASELL(スマセル)」のブログメディア

アパレルの在庫管理の問題点と導入すべきシステムについて

アパレルの在庫管理の問題点と導入すべきシステムについて

アパレルの在庫管理の問題点について正しく理解していますか?

アパレルの在庫管理は売上に直結する重要な問題です。

この記事では、

  • アパレルの在庫管理に特有の問題について知りたい
  • アパレルの在庫管理の問題を解決する方法を知りたい
  • アパレルの在庫管理をサポートする具体的なサービスについて知りたい

という方の疑問に答えます。

この記事を読めば、アパレルに興味のある方やアパレル関係で働いている方が在庫管理の問題について整理したり、具体的な対策に向けて行動するためのきっかけになるかも。

在庫管理を最適化して、高い売上を目指しましょう。

アパレルの在庫管理の問題点とは?

アパレル業では、売上と仕入れのバランスを保つ在庫管理が非常に重要です。適切な在庫管理は経営に直結します。それが決定的にうまくいっていないとなると、経営も傾いてしまうかもしれません。

アパレル業にはアパレル業特有の在庫管理の問題が3つあります。

商品のニーズが激しく変化する

アパレルの在庫管理の問題点、1つ目として、商品のニーズの変化が激しい、という点が挙げられます。

アパレルの商品、すなわち衣服、アクセサリー、かばん等の商品は、流行や季節によって売れ行きが短期的に変化します。それゆえ、アパレル業の在庫は「生もの」である、という言い方もしばしばされます。つまり、アパレル業の在庫にある商品は、売れない商品として劣化してしまう可能性が高いということです。

消費者ニーズと管理対象商品の複雑化

しかし、アパレル業は在庫の管理が難しくなってしまう体質を持っています。というのも、管理する商品の数が多く、かつそれぞれの商品に対する消費者のニーズを把握するのにコストが大きくかかってしまうからです。それが2つ目の問題点です。

アパレル業へのニーズは多様化しており、日々製品の種類は複雑になっています。色やサイズ、その他の形態は季節や流行ごとにも変わりつつあります。その多様なニーズを把握することも、膨大な数の商品を管理することも、お店側にとって容易なことではありません。

業界の商慣習

また、3つ目のアパレルの在庫管理についての問題点として、業界の古い商慣習をあげることができます。

それは具体的にいうと、返品制度やアウトレット制度のことです。返品制度やアウトレット制度を使うと、売れ残ってしまった在庫を無難に売りさばくことができます。それらの制度はセーフティーネットとして便利な制度です。しかし逆にいうと、それらのセーフティーネット制度があるおかげでお店には余裕が生まれ、在庫管理のシステムの改善が進みにくい、ということも考えられます。

つまり、アパレル業界の古い商慣習が在庫管理の最適化を阻んでいる面もある、というわけです。

 

これら3つの問題点によって、アパレルの在庫管理は困難な状況に陥りやすいのです。

しかし、アパレルの在庫管理を最適化することで、売上アップにつながります。当然のことですが、売れ残った在庫を返品やアウトレットで処分するのではなく、市場の適正価格で売った方が売上が高いからです。

では、一体どのように在庫管理を改善するとよいのか。以下、それについて詳しく説明します。

アパレルの在庫管理の問題を改善するには?

アパレルの在庫管理を改善するには、2つの方法があります。

アパレル在庫の見える化

1つ目の在庫管理の改善方法は、在庫を「見える化」することです。

在庫の数だけではなく、在庫の場所、在庫を仕入れる業者の情報などを、いつでも誰でも目で見て確認できるような仕組みを整えなければいけません。というのも、従業員がお客様に在庫の商品を届けるまでがアパレルの大切な業務だからです。そのため、特定の人間だけが在庫を把握するのではなく、従業員の誰でもが在庫をすぐに確認できて販売することができるシステムが重要なのです。

システムの導入

2つ目の在庫管理の改善方法は、在庫と売上のデータを管理するシステム作りです。

過剰に仕入れてしまった在庫や、売上が伸びている在庫のデータを分析し、プロモーション戦略に適宜反映させることができれば、在庫管理は最適化されます。市場の予測を完璧に遂行することはできませんが、市場と経営戦略のギャップを可能な限り埋める努力をすることはできます。その努力は統計やデータによるものだと確実です。ぜひデータを管理するシステムから導入することを検討してください。

上記2つの改善方法を徹底するためには、最新の在庫の管理システムを導入/乗換するのがオススメです。最新の在庫管理システムを使えば、在庫商品をposシステムと紐づけて管理することができて、消費者の行動や売上の傾向などをデータから予測することができます。また、最新の管理システム、たとえばAladdin Office for Fashionなどを導入すれば、ネット販売を行うECサイトと実店舗のポイントや顧客情報を一元管理できるため、在庫管理の負担コストを最小限に抑えることができます。

アパレルの在庫管理を最適化しよう

アパレルにとって在庫管理は経営にとって重要な意思決定事項です。

この記事では、

  • アパレルの在庫管理の問題点
  • アパレルの在庫管理の問題点を改善する方法
  • アパレルの在庫管理をサポートするオススメサービス

について説明しました。

アパレル業では、在庫管理を最適化すると売上アップに直結するはずです。市場予測は外れるかもしれませんが、外れた後の対策は努力でカバーできます。ぜひ在庫管理をサポートするシステムの導入も考えてみてください。

(スマセルマガジン編集部)

No More Waste!

CTA-IMAGE 年間 8000 万トンの繊維製品が廃棄処分されている事実を知り、企業の抱える在庫を廃棄ではなくグローバルにシェアすることで、人類の未来のために持続可能な循環型社会を創造したい。そんな想いから、「在庫を必要とする企業」と「処分したい企業」のマッチングプラットフォームとして、スマセルは誕生しました。

●「ガイアの夜明け」「ルソンの壺」で放映
● 2018年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞日経産業新聞賞
● 循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰受賞

サプライヤー登録はこちら

コラムカテゴリの最新記事