アパレル在庫の卸売・仕入れサイトSMASELL(スマセル)メディア

アパレル業界を知る

2/2ページ
  • 2019.05.27

大量廃棄される衣類の現実〜アパレル業界の闇と、改善へ踏み出した企業の新たな取り組み〜

明るみになった「衣類在庫廃棄」の問題 私たちの生活に必要不可欠な「衣類」。近年、その衣類の過剰在庫問題に注目が集まっています。売れ残る衣類は10億点を超え、繊維商品の廃棄量は年間 8000 万トン以上になるといわれています。

独自の新規販路で海外進出するなら今?

4割という数字が何を指すか、お分かりですか? この数字は、海外進出を決めた企業のうち、撤退、もしくは撤退を検討したことがある企業の数なのです。 当然ながら、世界の市場は日本よりも広く、需要も必ずあるはずですが、4割もの企業が海外進出に苦戦を強いられている、というデータがあります。(2014年度、帝国データバンク「海外進出に関する企業の意識調査」)

理論在庫と実在庫

理論在庫と実在庫のズレが生じる原因 商品の在庫を管理する表、専用のシステムに記録されている在庫を「理論在庫」と言い、実際に倉庫にある在庫を「実在庫」と言います。 両者が常に一致しているのが理想ですが、業務の都合上、ズレが生じることがほとんどです。

国内で発生する繊維廃棄物の量

知っていますか?国内で発生する繊維廃棄物の量 国内では、年間約170万トンの繊維廃棄物が発生していると言われます。この中には、繊維製造現場や縫製・アパレルの現場から出る裁断屑、残糸、捨て耳、不良品、整理加工などから発生する廃棄物などが含まれています。これらは、全廃棄物の約2%を占める量です。

消費者が企業に求める姿勢~注目を集めるエシカル消費~

エシカル消費が注目を集める時代、企業の活動そのものが問われています。なぜなら、繊維業界では今もなお、年間約8000万トンもの廃棄処分が行われ、深刻な環境問題を引き起こしているからです。 では、民間企業として“廃棄する”という選択肢以外、本当にないのでしょうか。

繊維製品の知られざる裏側

人が生きていく上で必要不可欠なものと言えば「衣食住」。その中でも、繊維製品である「衣服」は、単に体を包んで守るものではなく、個人の自己表現をしたり、生活を楽しむ役割を担う重要な存在となっています。 しかし一方で、ファッション産業がもたらす環境負荷は大きく、環境問題となっているのです。