繊維・アパレル・ファッション業界の在庫処分・廃棄問題にSDGs視点で取り組む、B2Bマッチングプラットフォーム「Smasell(スマセル)」のブログメディア

「在庫」の検索結果 24記事あります。

1/3ページ
  • 2019.07.11

アパレル業界の抱える在庫の大量廃棄問題の現状と改善策

現代のアパレル業界は「在庫の大量廃棄」という問題を抱えていることはご存知でしょうか。この問題の根本は、膨大な余剰在庫によるものです。 今回は、何故アパレル業界でいま「在庫の大量廃棄」が問題になっているのか、あらためてまとめてみました。この現状について知らなかったというアパレル業界の方は、ぜひ最後までお読みください。

  • 2019.06.03

アパレルの在庫管理の問題点と導入すべきシステムについて

アパレルの在庫管理の問題点について正しく理解していますか? アパレルの在庫管理は売上に直結する重要な問題です。 この記事では、 アパレルの在庫管理に特有の問題について知りたい アパレルの在庫管理の問題を解決する方法を知りたい アパレルの在庫管理をサポートする具体的なサービスについて知りたい という方の疑問に答えます。

  • 2019.02.04

在庫の苦労を解決したい〜僕がSMASELLを始めた理由

新卒で繊維商社に入社後、具体的に毎日どんな仕事をしていたのですか? もともとファッションが好きで、商品企画に携わりたくて入社しました。 当時は、インテリアやギフトを中心に、消費者のみなさんが実際に手にする最終製品の企画・ 生産・販売を担当していました。商品を考え、糸や生地を注文して、工場を探して依頼し、できあがった商品をお客さんの店頭に届けます。 お客さまや消費者のニーズを聞き出して、時代に求められるものを先読みして、企画を考えて かたちにしていくプロセスがとても楽しかったですし、自分が手掛けた商品がヒットしたときは おもしろかったですね。

理論在庫と実在庫

理論在庫と実在庫のズレが生じる原因 商品の在庫を管理する表、専用のシステムに記録されている在庫を「理論在庫」と言い、実際に倉庫にある在庫を「実在庫」と言います。 両者が常に一致しているのが理想ですが、業務の都合上、ズレが生じることがほとんどです。

  • 2019.06.10

今の日本は衣服の廃棄状況がひどい?

これまで日本がどれだけの量の衣服を廃棄してきたか、ご存知でしょうか? 近年はファッショントレンドの移り変わりがとても早く、ファッションアイテムはとても手軽に手に入れることができますし、そのため簡単に服を捨てるという人も増えてきています。 アパレル会社も、売れなかった服はすぐに廃棄されてしまうので、現在の日本が廃棄している衣服の量は、とんでもないことになっています。

  • 2019.06.05

弊社福屋が名古屋商工会議所主催のセミナーに登壇します。

2019年6月7日に、名古屋商工会議所が主催の繊維部会総会で行われるセミナーに、弊社代表の福屋が登壇します。 「繊維・ファッション業界の在庫をゼロに!!~廃棄のない循環型社会を目指して~」と題し、企業の抱える在庫を廃棄することなく”資源”とみなし、循環型社会を目指す当社のビジネス展開について、福屋が約90分間の講演を担当いたします。

1 3