アパレル在庫の卸売・仕入れサイトSMASELL(スマセル)メディア

「在庫」の検索結果 34記事あります。

1/4ページ
  • 2019.07.11

アパレル業界の抱える在庫の大量廃棄問題の現状と改善策

現代のアパレル業界は「在庫の大量廃棄」という問題を抱えていることはご存知でしょうか。この問題の根本は、膨大な余剰在庫によるものです。 今回は、何故アパレル業界でいま「在庫の大量廃棄」が問題になっているのか、あらためてまとめてみました。この現状について知らなかったというアパレル業界の方は、ぜひ最後までお読みください。

  • 2019.06.27

「なんで買いたい洋服が売り切れてるの?」アパレル在庫の回転率について

皆さんは、洋服を買いたいと思ったのに在庫切れで買えなかった!そんな悔しい思いをしたことはないでしょうか? なぜ在庫切れになるのか?そもそも在庫とは何なのか? 今回は、在庫の管理方法についてのベースである「在庫回転率」について調べてみました

  • 2019.02.04

在庫の苦労を解決したい〜僕がSMASELLを始めた理由

新卒で繊維商社に入社後、具体的に毎日どんな仕事をしていたのですか? もともとファッションが好きで、商品企画に携わりたくて入社しました。 当時は、インテリアやギフトを中心に、消費者のみなさんが実際に手にする最終製品の企画・ 生産・販売を担当していました。商品を考え、糸や生地を注文して、工場を探して依頼し、できあがった商品をお客さんの店頭に届けます。 お客さまや消費者のニーズを聞き出して、時代に求められるものを先読みして、企画を考えて かたちにしていくプロセスがとても楽しかったですし、自分が手掛けた商品がヒットしたときは おもしろかったですね。

理論在庫と実在庫

理論在庫と実在庫のズレが生じる原因 商品の在庫を管理する表、専用のシステムに記録されている在庫を「理論在庫」と言い、実際に倉庫にある在庫を「実在庫」と言います。 両者が常に一致しているのが理想ですが、業務の都合上、ズレが生じることがほとんどです。

”ファッションの持続可能性を考える” スマセルメンバーでリメイクコンテストに参加

廃棄を減らすために、廃棄される予定の衣類を材料として使用し服をリメイクする「ファッションリメイクコンテスト」へ応募。 チームとして取り組む中で感じた、”服作り”についての思いを紹介します。

“卸事業が更に拡大”スマセルで事業を広げるKBNETさんをインタビュー

古着を協力会社から引き受け、楽天やYahooショッピングでの小売販売や卸売を行なっています。他に中国の広州にて繊維製品の物作りを行うなど幅広い事業を展開しており、多忙の中でもスマセルにてスマートに新規販路が広がっています。

テーブル1台分の衣類・小物からスタート。”安く、良いモノを提供する”という想いに活用いただく。

株式会社ZAPPAにて、アパレル・小物・カフェが併設されたZAPPA村を運営。都心から車で1時間以上離れた場所で、テーブル1台分の衣類・小物雑貨からスタート。今では百貨店へ出店されるほどの人気ブランドに。ZAPPAさんでの服作りや出品の工夫と、スマセルの活用術をご紹介させていただきます。

1 4