アパレル在庫の卸売・仕入れサイトSMASELL(スマセル)メディア

インタビュー

1/2ページ

フリマ出品からWebショップを持つまでに。「ファッションを通して人を笑顔にしたい。」と取り組まれるMさんをインタビュー

メルカリ販売からファンが増え、今ではご自身のWebショップを持つまでに人気をほこるMさん。ご自身の経験から、「ファッションを通して人を笑顔にしたい。」と取り組まれていらっしゃるMさんをインタビュー

服を愛し、セレクトショップを営む方へスマセル活用をインタビュー

東京都心でアパレルのセレクトショップを経営され、6年になるSさん。服を本当に愛しているからこそ生まれる「良いものをもっと多くの人へ。」という想いのもと、スマセルを活用し、お店を経営されていらっしゃいます。

“卸事業が更に拡大”スマセルで事業を広げるKBNETさんをインタビュー

古着を協力会社から引き受け、楽天やYahooショッピングでの小売販売や卸売を行なっています。他に中国の広州にて繊維製品の物作りを行うなど幅広い事業を展開しており、多忙の中でもスマセルにてスマートに新規販路が広がっています。

ライブコマースでアパレル販売。スマセルを活用した自分らしい働き方をインタビュー

自分の身の回りの不用品をメルカリで販売し始めた5年ほど前から、今ではインスタライブでのライブ販売を通して月に200着以上の販売実績を出していらっしゃいます。スマセルをどのように活用いただいているか、ご紹介いたします!

定年後からスタートしたアパレル販売。徹底したリサーチの中でスマセルを活用いただく。

アパレルの徹底したリサーチと販売経験の蓄積から、今では成約件数が2,000件を超えるほどの実績を持たれていらっしゃる澤さん。普段どのような販売工夫を施し、スマセルでの仕入れにご活用いただいているか、インタビューをさせていただきました。

テーブル1台分の衣類・小物からスタート。”安く、良いモノを提供する”という想いに活用いただく。

株式会社ZAPPAにて、アパレル・小物・カフェが併設されたZAPPA村を運営。都心から車で1時間以上離れた場所で、テーブル1台分の衣類・小物雑貨からスタート。今では百貨店へ出店されるほどの人気ブランドに。ZAPPAさんでの服作りや出品の工夫と、スマセルの活用術をご紹介させていただきます。

  • 2019.02.09

アッシュ・ペー・フランス株式会社 エシカルプロデューサー 坂口 真生様インタビュー

アッシュ・ペー・フランス株式会社 エシカルプロデューサー 坂口 真生 様 2003年アッシュ・ペー・フランスにプレスとして入社。セレクトショップ、アート事業、Eコマースの立上げに参画。2013年日本最大のファッション・デザイン合同展示会「rooms」で日本初となるエシカルをテーマとしたエリアを立上げる。その後、銀座三越、ルミネ、東急百貨店、阪急百貨店など商業施設にてエシカルキャンペーンを企画運営する。2017年6月、エシカル事業部を立上げ同事業部ディレクターに就任。日本エシカル推進協議会発起人・アドバイザー。

  • 2019.02.08

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 環境戦略アドバイザリー部 チーフ環境・社会(ES)ストラテジスト 吉高まり様インタビュー

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 環境戦略アドバイザリー部 チーフ環境・社会(ES)ストラテジスト 慶應義塾大学大学院政策メディア研究科非常勤講師 吉高 まり 様 明治大学法学部卒業後、IBM系コンピュータ会社に入社。

カスガアパレル株式会社 代表 今井浩輔様インタビュー

カスガアパレル株式会社 代表者 今井 浩輔 様 Q. SMASELLを使ってみて初めに感じられたことは何ですか? 初めはやってみた半信半疑でやってみたんです。今までもネットで余った生地を売ったことがあって、実際あまり売れた体験が無かったんです。それがSMASELLに掲載したらすぐ売れたので、正直驚きでした。見てるんだな、と。