アパレル在庫の卸売・仕入れサイトSMASELL(スマセル)メディア

「流通カテゴリー」って?出品商品の安さの理由を解説!

「流通カテゴリー」って?出品商品の安さの理由を解説!

アパレル業界で扱われる商品は、新品以外にも様々な状態のものがあります。
袖を通されたことが無いけど店頭には並ばないもの、古着としてまだまだ着れるものなど…。

これらの様々な状態の商品を処分するのではなく必要な人の元に届けることで安い価格を実現できているのがスマセルです!

スマセルではこれらの商品の状態が分かるように「流通カテゴリー」というものに分けて出品しています。
今回のスマセルマガジンでは、流通カテゴリーの詳細を知ることで「どんな状態なのか」「どのような流れで生まれた商品なのか」「なぜ安いのか」などを知って頂けたらと思います!

流通カテゴリー

スマセル出品商品を在庫背景や流通背景に応じたカテゴリーに分類掲載することで、どのような経緯で出品され、どういう状態の商品かが把握できるようにしています。

新品

新品は、消費者の手に渡っていない商品を指します。
新品であっても、生産や流通の過程で発生した事情によって流通カテゴリーに分類されています。

■キャリー品

キャリー品とは、販売期間を経過しても次のシーズンで引き続き販売される商品のことです。
スマセル出品のものではおよそ昨年~3年前の商品が多く、中には5年以上前のデッドストックなども存在します。

■キャンセル品

キャンセル品とは、消費者からの返品や、企業間取引での企業からの返品・未引き取り品のうち良品のモノを指します。商品自体に問題は無くてもキャンセルによって販売時期を逃すなど再販売が難しく、店舗での販売に至らず滞留在庫となってしまうことがあります。
そういった商品もスマセルでは取り扱っています。

■サンプル品

サンプル品とは、量産にかかる前の試作品のうち、衣類として着用が可能な品質を保っている商品のことです。
状態によってはほつれや破れなどがあったり、企画段階のものであったため品質表示タグやネームタグ等がついていなかったりすることもあります。
受注前、展示会用に用意していた製品も含まれていることがあります。

■過剰生産品

過剰生産品とは、大量生産によって滞留在庫となってしまった商品のことです。
店舗に出ず倉庫で保管されていたものが多くあります。

■B品

B品とは、製造工程時、もしくは流通段階で品質において次のような不良が発生した商品のことです。

  • 製造不良:量産時に上がってきた際、汚れやほつれ、プリントの部分ずれなど、何らかの要因で完全な状態では販売できないもの
  • 返品:消費者からの返品時に、汚れやほつれ等が生じている商品
  • その他:試着時における衣服の汚れなど何かしらの要因で、汚れやほつれ等が生じている商品など

■プロパー品

プロパー品とは、新作や定番品を指し、旗艦店や専門店・百貨店などで現在も販売されているもののことです。

 

 

古着

古着は、一度消費者の手にわたってから再販売されているものを指します。
国内外を問わず衣類を捨てずにリユーズしようという動きが活発になっているため、古着の商品の流通も増えています。

■店舗買取

店舗買取とは、リサイクルショップや古着屋が消費者から直接買い取った商品のことです。

■レンタル落ち

レンタル落ちとは、ファッションレンタルサービスによってレンタルされていた、着用後の商品のことです。
借り物として着用されていた経緯があるため、通常流通している古着より状態がいいのが特徴です。

■古着卸

古着卸とは、ウエス業者などの古着卸業者から仕入れたブランドやアイテムで仕分けされる前の商品のことです。
一般的に古着卸の仕入れとは”ベール”という単位で数百kgという量で仕入れられ、そこから複数回の検品を通して比較的状態のいいものだけが販売されています。
スマセルでは極力”着用不可”の状態のものを省き、バイヤー様が購入しやすいよう小分けにして出品されています。

■海外輸入

海外輸入とは、海外から輸入した古着商品のことです。

 

おわりに

今回のスマセルマガジンでは、流通カテゴリーの背景をご紹介しました。

新品から古着まで、スマセルでは様々な事情のある商品が扱われていますが、すべてまだ使える素敵な商品です。

安さの理由を知って頂いて、これからも安心してスマセルをご利用ください!

ファッションをもっと楽しく、持続可能なものに

CTA-IMAGE 年間 8000 万トンの繊維製品が廃棄処分されている事実を知り、企業の抱える在庫を廃棄ではなくグローバルにシェアすることで、人類の未来のために持続可能な循環型社会を創造したい。そんな想いから、「在庫を必要とするバイヤー」と「処分したいサプライヤー」のマッチングプラットフォームとして、スマセルは誕生しました。

サプライヤー登録はこちら

スマセルについてカテゴリの最新記事