サスティナブルアウトレットモールSMASELL(スマセル)メディア

フリマアプリを徹底比較 アパレル転売初心者必見!

フリマアプリを徹底比較 アパレル転売初心者必見!

売りたい人はお小遣い稼ぎに、買いたい人は欲しいものをピンポイントで安く手に入れられるというメリットから、現在フリマアプリユーザーが急上昇しています。

アパレル転売において、
「アパレル転売を始めたいけど、どのアプリケーションを使うと良いのかな?」
「アパレル転売を始めたけど、うまく売れない。ユーザー層はあっているのかな?」
など、疑問を持っている方が多いのではないのでしょうか。

今回はユーザー数や、ユーザー層、販売手数料などを理解し、うまくアパレル転売を行っていただくために、フリマアプリの特徴についてご紹介致します。
フリマアプリごとの特徴を知ることでターゲットにあった出品ができ、うまく利益に繋がることも期待出来ます。
アパレル販売初心者必読です!

メルカリ

累計8000万ダウンロード(2021年トリドリ調べhttps://torisedo.com/33336.html)を誇る大手アプリケーションで、フリマアプリの中では一番ユーザー数が多いアプリになります。ユーザー数の多さから、売買成約が早いことも特徴の一つですので、アパレル販売初心者の方にはおすすめ!

■メリット■

ユーザー数が圧倒的に多いため、販売しやすいことがポイント。
また匿名配送が可能なのもメリットの一つで、配送によって出品者に自分の住所を知られずに取引できる。
売上金をメルペイ残高にチャージし、メルカリや全国170カ所の店舗、オンラインショップなどで利用可能。

■デメリット■

出品時は送料込みの値段設定にしないと売れにくいため、結果的に売上金から送料負担分と出品手数料(10%)の両方が差し引かれる。
購入前の事前認証などは必要なく即時購入できるが、出品者が購入者を選択できるシステムはない。
発送方法の選択肢が多く、便利だが戸惑うユーザーも多い。

この記事だけでOK!メルカリ 衣類発送ガイド ~配送方法編~

ヤフオク

オークションサイト日本最大級のヤフオクでは、約40000カテゴリの商品が随時6400万点以上出品されています。(applio 2019 https://appllio.com/flea-market-apps-recommended-matome)価格が変動する従来の「オークション出品」に加えて、即決の定額価格で売買できる「フリマ出品」形式が選択できます。

■メリット■

値上がりが期待できるものは「オークション出品」、早く売りたい場合は「フリマ出品」など、商品によって出品方法が選択できる。
決済手数料が無料、Yahoo!プレミアム会員なら売買時の「落札システム利用料」(販売手数料)が8.8%に(特定カテゴリを除く)
「Yahoo!かんたん決済」と匿名配送で個人情報が守られる。

■デメリット■

ネットショップを運営しているお店や、プロの酒屋、リサイクルショップ等も参入しており、商品の豊富さや送料の安さ・対応の早さなど、同じ土俵に立つには一般の人では敵わない点があることも。
月額費用462円+税がかかるので、その点も含めて値段設定を行う必要がある。

ラクマ

楽天が運営する「ラクマ」は、累計ダウンロード数2500万と、メルカリに次ぐ人気のフリマアプリです。(applio 2019 https://appllio.com/flea-market-apps-recommended-matome)オールジャンルの商品が掲載されているアプリなので、高額商品も多く様々な商品が出品されています。また、フリルという女性向けのアプリケーションが前身となっているので女性ユーザーが多いことも特徴の一つです。

■メリット■

手数料は今年(2021年1月)から3.5%→6.0%へ販売手数料の変更はありましたが、それでも他のアプリと比べておトクですね。尚、手数料に別途税金が発生するので実質6.6%となるため、こちらはご注意ください!
※参照:https://faq.fril.jp/c1q6/

また、前身が女性向けのアプリであったこともあり、レディースのアパレル商品が販売しやすい点は、アパレル転売にはぴったり。
さらに、出品者が事前に購入者を選ぶことができる「購入申請」システムも利用でき、横取り防止や悪い評価の人に売らないなど、トラブルを防止できるよう取引の安全性にも配慮されている。

■デメリット■

ユーザー数がやや少なく、商品が多くの人目に触れにくいため、早く売れない可能性がある。
独自の配送サービス「かんたんラクマパック」では、宅配コインロッカー「PUDO」や集荷サービスなどが利用できないため、購入者に対しての選択肢が少ないことがデメリットとして挙げられる。

PayPayフリマ

PayPayフリマは、スマホ決済サービス「PayPay」が運営するフリマアプリです。ヤフオクの一部商品をPayPayフリマ内で購入できるほか、PayPayと連携した上でPayPay残高で支払うと、決済金額の1%のPayPayボーナスが還元されます。
大手サービスの中では画面がシンプルなのも使いやすいポイント。

■メリット■

PayPayのボーナスポイント還元や各種キャンペーン、残高チャージ機能など、PayPayユーザーには利用価値があります
価格の相談」機能があり、値下げ交渉時は提示価格に対して同意ボタンを押すだけ。(値下げ交渉をする際のやりとりは不要)
配送方法は「ヤフネコ!パック」「ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)」の2種類。匿名配送、最大170サイズまでに対応しています。

■デメリット■

支払い方法はPayPay残高払いかクレジットカード払いのみ。
PayPayユーザー以外の利便性は低いです。
送料は原則として出品者が負担するため、送料込みの価格設定が必須となります。

手数料 トータル利用者数 特徴
 

10%

 

 

2216万人

 

 

ユーザー数NO.1
出品が簡単で成約しやすい

 

 

8.8%

 

 

1115万人

 

 

オークション・フリマ両方利用可能

 

6.0%

+手数料税10%=実質6.6%

※2021年1月改定

 

1500万人

 

 

手数料が安く、女性のユーザーが多い

 

 

10%

 

 

308万人

 

 

ユーザー数急上昇中で、電子マネーユーザーはお得!

 

※「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」
スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile Net View)」
市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」より抜粋

おわりに

いかがでしたでしょうか。
フリマアプリごとに様々な特徴が見られましたね。
これらの特徴を踏まえて、ご自身の扱っている商品にあったアプリケーションを使って、上手に販売しましょう!

個人でアパレル商品を仕入れるのには「スマセル」がおすすめ!
著名ブランドの商品常時1万点以上の商品が掲載されており、定価の最大99%OFFで仕入れることが出来ます。
ぜひ一度ご覧になってみて下さい!

 

お得に買って、地球を守る。
Sustainable Outlet Mall

今すぐスマセルを使ってみる!

 

 

バイヤーノウハウカテゴリの最新記事