サスティナブルアウトレットモールSMASELL(スマセル)メディア

「CO2」の検索結果 12記事あります。

1/2ページ

環境省「ファッションと環境」タスクフォースメンバー×ウィファブリック代表福屋 対談

2020年9月、環境省はサステナィブルなファッション産業を実現すべく「ファッションと環境」タスクフォースを結成。今回は立ち上げメンバーである岡野様、鎌倉様に発足に至るまでの経緯から、ファッション産業の現状、具体的な活動内容までお伺いしました。

大阪モード学園・アダストリア・スマセルの 3 者によって、 産学連携の取り組みがスタート !

ファッション業界の将来を担う学生にリアルな社会体験が出来る場を提供するため、スマセルと大阪モード学園でサスティナブルスタイルプロジェクトを実施いたしました!そしてその教材提供として株式会社アダストリアが参画し、3 者による産学連携の取り組みがスタート。今回は取り組みの内容をご紹介させていただきます。

  • 2019.05.27

大量廃棄される衣類の現実〜アパレル業界の闇と、改善へ踏み出した企業の新たな取り組み〜

私たちの生活に必要不可欠な「衣類」。近年、その衣類の過剰在庫問題に注目が集まっています。売れ残る衣類は10億点を超え、繊維商品の廃棄量は年間 8000 万トン以上になるといわれています。この問題への関心が高まったきっかけの一つは、2018年7月に発表された、イギリスの高級ブランド「バーバリー」の決算報告でしょう。社会全体としてエコロジーやリサイクルが謳われている中、なぜアパレル業界では大量の衣類が廃棄されるのでしょうか。