SMASELL BIZ

古着の仕入れ先から利益を出すための3つのコツをご紹介

古着の仕入れ先から利益を出すための3つのコツをご紹介

古着ビジネスは、適切な仕入れ先と独自のセンスがあれば、個人の方でも始められる低リスクのビジネスモデルです。しかしながら、ただ単に古着を販売するだけでは収益は見込めません。適切な商品の選定、どのような価格で仕入れるかが重要なポイントとなります。

本記事では、これらのポイントについて詳しく解説し、古着の仕入れで成功するためのコツをお伝えします。これから古着ビジネスを始める初心者の方はもちろん、個人や法人ですでに開業している方も参考できる内容ですので、是非ご拝読ください。

古着ビジネスは仕入れが命

古着ビジネスにおいて最も重要な要素といえば、間違いなく仕入れです。

どのような古着を、どのように仕入れるのが最善なのか。これを理解し、実践することが古着ビジネスで成功するための第一歩と言えるでしょう。一般的に古着の仕入れは、リサイクルショップや古着屋などの業者経由、フリーマーケットやネットオークションで個人から直接買い取る方法も存在します。

しかし成功させるためには、ただ単に仕入れを行うだけではなく、その品質や価値、さらには流行を把握することも求められます。価値のある古着を見極め、適切な価格で仕入れる能力は、古着ビジネスを成功させるためには不可欠です。そのためには、流行を追うだけでなく、時代背景やブランドの歴史など、幅広い知識が必要となります。

また、仕入れ先の選び方も重要です。卸業者から仕入れる場合、大量に仕入れることが可能ですが、その分リスクも大きくなります。一方、個人から直接買い取る方法では、一点物の高価なアイテムに出会う可能性もありますが、その分仕入れ量は限られます。どちらの方法を選ぶかは、自身のビジネスモデルによります。

まずはじめに、古着の仕入れで利益をだすコツを見ていきましょう。

古着の仕入れで利益を出す3つのコツ

古着販売で利益を出すコツは様々にあります。その中でも重要になってくる3つのコツを、ここでは詳しく解説していきます。

月間の仕入れ量を安定させる

安定した利益を得るためには、月間の仕入れ量を一定に保つことが重要です。

過剰な仕入れは在庫過多につながり、不足は収益機会の損失につながるため、ご自身のショップと季節や流行を考慮した市場の需要と供給を見極め、バランス良く仕入れることがカギです。

このバランス感覚は経験により磨かれますが、初心者の方や個人の方は少量から始めて徐々に量を増やしていくのがおすすめです。

とは言え、いきなり市場/マーケットの論理を話されても難しいと感じる方もいるかもしれません。その場合でも、難しく考える必要はありません。自分の予算を最初に決めることで、仕入れ量を安定させるという方法もあります。

たとえば、「月に1万円以内で5着のユニークな古着を見つける」といった具体的な目標に落とし込み、これを繰り返していく中で予算を上げていき、市場の需要供給のバランスを見極める目を養っていくのも方法です。達成可能な目標を設定することが、あなたの選択を助け、モチベーションを維持させます。

仕入先を固定して時間を有効に使う

2つ目のコツとして、仕入先を固定することが挙げられます。

古着の仕入れは多岐にわたる商品を一つ一つ手に取り、その価値を見極めなければならないため、時間がかかる作業です。しかし、仕入先を固定することで、その店舗の商品の品質や価格帯、取り扱いブランドの特徴を把握することが可能となり、効率的に高品質な商品を見つけ出すことができます。

また、仕入先との長期的な関係性を築くことで、新商品の情報をいち早く入手したり、特別な価格で商品を仕入れることが可能となるメリットもあります。

しかし、仕入先を固定する際には、その店舗が自分のビジネスモデルに適しているか、また、品質とコストのバランスが適切かどうかを見極めることが重要です。仕入先の固定は、古着ビジネスの効率化と利益増加に大いに寄与します。

流行や市場の動向を理解・把握する

ファッション業界は流行の変化が激しいため、市場のトレンドを常に意識することが大切です。

季節やイベントに合わせた古着を選び、SNSやファッション誌での最新情報のチェックは欠かせません。流行を先読みし、需要の高い古着アイテムを仕入れることで、利益率を高めることができます。

日ごろからチェックを行っていない人にとっては、ハードルは高いかもしれませんが、そういう場合は、Instagram(インスタグラム)で「#購入品」「#購入品紹介」などで検索してみてください。たくさんのインフルエンサーが最近何を購入しているかがわかるので、雑誌などを買わない方でも手軽にファッション感度の高い消費動向を知ることが出来ます。

 

おすすめの仕入先:古着の宝庫を探そう

次に、どのように自分にあった仕入先を見つけるかに焦点を当てて解説していきます。

古着の仕入れ先は多岐にわたりますが、一体どのような場所が古着の宝庫となり得るのでしょうか。それはオンラインストア、地元のフリーマーケット、古着屋、買取業者、そして海外のマーケットなどが主な候補となります。今の時代、様々な仕入先がありますが、それぞれの場所が持つ特性や利点を理解し、自分のビジネススタイルに合った仕入れ先を見つけることが重要です。

例えば、オンラインストアでは、広範に渡るアイテムを容易に探すことができますが、一方で実際の商品の状態を確認することは難しく、競争も激しいです。一方、地元のフリーマーケットや古着屋では、商品の状態を直接確認できる利点がありますが、一方で探す範囲が限定されます。また、海外のマーケットを利用すれば、日本では手に入らない稀少なアイテムを発見する可能性もあります。これらの仕入れ先の特性を理解し、自分のビジネスモデルに合わせて最適な仕入れ先を選びましょう。

それぞれの仕入れ先の特徴とその選び方、さらには実際の探し方について具体的に解説します。これを参考に、自分だけの古着の宝庫を見つけ、古着ビジネスで成功をつかみましょう。

古着屋が第一歩

一般的に古着の仕入れ先として考えられるのは、古着屋です。古着屋は、ファッションのトレンドを把握し、それに基づいて商品をセレクトしてくれます。また、古着屋の中には、一部の商品を特価で提供することで、仕入れコストを抑えることが可能な場合もあります。

しかし、古着屋での仕入れは、一見すると簡単に思えますが、古着屋それぞれに特色があるため、どの古着屋で何を仕入れるかが重要となります。たとえば、一部の古着屋は、ヴィンテージやレアな商品を豊富に取り扱っている一方で、別の古着屋では、リーズナブルな価格の商品を多く取り扱っている場合もあります。

また、古着屋で商品を仕入れる際には、商品の状態をしっかりとチェックすることも重要です。特に、古着は新品とは異なり、使用感やダメージがあることが一般的です。そのため、商品の状態を確認し、それを顧客に正確に伝えることが求められます。

最後に、古着屋での仕入れは、古着屋の方と良好な関係を築くことで、新商品の情報を早めに得ることができるだけでなく、特別な取引を行うことも可能となりのもメリットとなります。

フリーマーケットで仕入れる

古着屋以外ではフリーマーケットも質の良い古着を見つけ出すことが可能です。定期的に行われる大規模なフリーマーケットがおすすめです。
フリーマーケットでは、流行のアイテムやレアなブランド品を見つけるチャンスがあります。また、自分にあった仕入れ先を見つける際には、自分のビジネスのターゲットとなる顧客のニーズに合わせて選ぶことが重要です。
例えば、若者向けのトレンド感のあるアイテムを扱うなら、若者が集まるフリーマーケットを選ぶなど、自分のビジネスターゲットにあわせたイベントに参加することが大切です。

卸業者から仕入れるのもおすすめ

卸業者は直接仕入れることで、中間マージンをカットしてコストを抑えることが可能になります。
しかし、全ての卸業者が同じ品質の商品を提供しているわけではありません。そのため、良質な古着を提供している卸業者を見つけ出すことが求められます。

卸業者との直接取引を行う上では、信頼関係の構築が欠かせません。一度信頼関係を築けば、定期的に良質な商品を確保することが可能になります。また、新商品の情報をいち早く得ることもできます。そのため、古着ビジネスでは卸業者との長期的な関係を築くことが重要。

海外から仕入れる際には、言葉の壁や通関手続きなど、様々な問題が発生しますが、解決することで市場に出回っていないユニークな商品を仕入れることが可能となります。

ネットで国内・海外のサイトから仕入れる

今の時代、ネットで日本国内はもちろん、海外からも仕入れる方法もあります。

大手ネットオークションサイトや、メルカリなどのフリーマーケットアプリやサイト、専門の古着卸売業者サイトなど、検索することにより仕入れ先は多様となります。

海外から仕入れる際は、海外のオンラインショップやオークションサイトがあります。

しかし、海外から直接仕入れる場合は、送料や関税、通関手続きなどの手間とコストも考慮する必要があります。海外サイトからでは少しハードルも高いため、初心者の方だと海外サイトからではなく、国内から仕入れるのがおすすめです。

また、ネットで仕入れる場合は国内外問わず、仕入れる商品の品質チェックは重要なポイントです。

激安の100円仕入れも可能?SMASELLがおすすめ

ネットで仕入れを行うのであれば「SMASELL」もおすすめです。

SMASELLは古着の仕入れに特化したオンラインプラットフォームで、様々な種類の古着を取り扱っています。テレビや様々なメディアにも取り上げられ会員数は26万人以上。初心者の方や個人の方も安心して利用できるサイトです。

SMASELLで購入できる商品の中には、100円から仕入れ可能なものも存在します。これにより、大量の商品を低価格で仕入れ、利益率を大幅に上げることも可能となります。実際に手に取れないネット通販ですがSMASELLは商品の状態、ブランド、サイズなど、詳細な情報が提供されており、購入前に商品を十分に理解することができ、質を担保したい方や初心者の方にピッタリ。

古着ビジネスをはじめる方にとってSMASELLは、初期コストを抑えるための優れた選択肢と言えるでしょう。また、すでにビジネスを展開している方にとっても、新たな仕入れ先として有効。激安の仕入れから始まる古着ビジネスの成功ストーリーを、あなたもSMASELLで始めてみませんか?

(※下記のバナーをクリックするとSMASELL(スマセル)の紹介ページに遷移します)

 

質の良い古着を見分ける仕入れのポイント

どうすれば質の良い古着を見分けることができるのか、その秘訣をご紹介。
仕入れの質となると第一に素材などをイメージすると思いますが、古着の品質を判断するためには、素材はもちろん、古着の状態、裁縫の精度、トレンドも把握することが重要です。
以下に仕入れにおけるポイントを3つ紹介いたします。

素材や状態をチェックする

仕入れ時の重要なポイントの一つが素材のチェックです。
良質な古着は、その素材によって価値が大きく変わります。例えば、コットン、ウール、シルク、レザーなどの天然素材は耐久性があり、長期間の使用に耐えることができます。また、これらの素材は修理やクリーニングが容易で、古着としての価値が高まります。

素材をチェックする際は、まず服のタグを見てどのような素材で作られているかを確認します。次に、手触りや色合い、織り目などから素材の質を見極めます。高品質な素材は手触りが良く、色あせにくい特徴があります。
さらに、古着がどのような状態にあるかチェックすることも必要です。特に、シミや穴、縫い目のほつれなどは商品価値を下げる要素となります。しかし、高品質な素材であれば、こうしたダメージも修理やクリーニングで改善できる可能性があります。

縫製をチェックする

古着の品質を見極める2つ目のポイントが、縫製です。品質の良い古着は、縫製の精度が高く、素材とデザインだけでなく、その縫製技術にも価値があります。

まず、細かい部分に目を向けてみましょう。ボタンホールやポケットの縫製が丁寧であるか、糸の色が均一かどうか、縫い目が揃っているかなどをチェックします。これらの部分に手間がかけられていると、全体の品質も高いと判断できます。

次に、縫い目の強度を試してみてください。引っ張った時に糸が緩むようであれば、その古着の品質はあまり高くないかもしれません。逆に、しっかりとした縫製であれば、長期間の使用にも耐えることができ、より価値が高いといえます。

また、裏地の縫製もチェックポイントです。高品質な古着は、裏地も表地と同じくらい丁寧に作られています。裏地が雑に縫製されていたり、糸がほつれている場合は注意が必要です。

最後に、一貫性のある縫製を確認します。全体的に縫製が均一で、特定の部分だけ縫製が雑であるということがないかを見てください。

これらのポイントを押さえて、縫製の質をチェックすれば、質の良い古着を見分けることができます。

トレンドを捉える

特に質の良い古着を見分けるためのポイントは、そのアイテムが現在のファッショントレンドに合致しているかどうかです。ファッショントレンドは移り変わりやすいもの。そのため、古着ビジネスでは常に最新のトレンドを把握し、それに見合った商品を選ぶことが重要となります。

具体的には、流行の色、デザイン、素材などをチェックし、それらを基に仕入れるアイテムを選びます。また、ファッションショーのレポートを見たり、インフルエンサーのSNSをチェックしたりすることで、新たなトレンドを早期にキャッチすることも可能です。ファッション業界のトレンドを先取りすることで、利益を最大化する可能性が高まります。

これらのポイントを踏まえて、古着を見分ける目を養うことで、古着ビジネスの質と利益を向上させることができます。次に、見つけ出した古着のメンテナンスとアップサイクルのコツについて詳しく説明します。

古着のメンテナンスとアップサイクルのコツ

良質な古着を見つけた後は、その価値を最大限に引き出すための適切なメンテナンスが必要です。

汚れや小さなダメージがあれば、洗濯や修理を行い、新品同様の状態に戻しましょう。また、時にはアイテム自体をリニューアルすることで、一層の価値を加えることが可能です。

これがアップサイクルと呼ばれるものです。アップサイクルとは、古着や使用済みの物を新たな価値あるものに変えることを指します。

例えば、古着のデニムジャケットに新しいエンブロイダリーやパッチを付け加える、古いドレスを現代風にリデザインするなど、アップサイクルは商品の魅力を一新し、さらに高い価格で販売するチャンスを生み出します。

ここでは成功する古着ビジネスのために、メンテナンスとアップサイクルの方法やコツをご紹介します。

古着のお手入れと長持ちさせる方法

古着を長持ちさせるためには、適切なメンテナンスが欠かせません。

まずは、古着が持つ特性や素材によって適したお手入れ方法が異なることを理解しましょう。例えば、ウール製品は乾燥させることで縮みを防ぎますが、シルク製品は湿度を保つことで色褪せを防ぐことができます。

また、洗濯方法も重要です。手洗いが推奨されるアイテムもあれば、洗濯機で洗っても問題ないものもあります。適切な洗濯方法を理解することで、古着を長持ちさせることができます。

アップサイクルのアイディア

古着をただ着るだけでなく、アップサイクルして新しい価値を生み出すこともできます。例えば、色あせたジーンズを切ってショートパンツにしたり、古いTシャツを使ってバッグを作るなど、創造性を発揮できます。さらに、刺繍やペイントを加えることで、オリジナリティあふれる一点物を作ることも可能です。

アップサイクルは、環境に優しく、自分だけのスタイルを楽しむ素晴らしい方法です。新しい価値を見出したい方におすすめです。

古着ビジネスの展開:次の一歩

ファッション界の新星、それが古着ビジネスです。仕入れて販売するだけでなく、ビジネスの最大化のための古着を使ったビジネスアイディアと、SNSを駆使したマーケティング戦略をご紹介します。

ライバルと差をつけるビジネスアイディア

古着はただの「古い服」ではありません。それは、個性と歴史を纏った一点物。ここでは、古着を活用したユニークなビジネスアイディアをいくつかご提案します。

  • オーダーメイドリメイクサービス: 顧客の持ち込んだ古着を、彼らの要望に応じてリメイク。世界に一つだけのファッションアイテムを提供します。
  • 古着レンタルサービス: 特別な日のために、ヴィンテージやレアな古着をレンタル。ファッションの幅が広がります。
  • 古着カフェ: 古着とカフェを融合させた新しい空間。コーヒーを楽しみながら、古着の魅力に触れられる場所です。

新しい付加価値をつけることにより、あなた独自の古着ビジネスのチャンスが広がります。

SNSを活用したマーケティング戦略

SNSは現代のマーケティングには欠かせないツール。特に、古着ビジネスではその視覚的魅力を最大限に活かすことができます。

  • ビフォーアフターを投稿: リメイク前後の写真を投稿し、変化の魅力を伝えましょう。
  • インフルエンサーとのコラボ: ファッションインフルエンサーに古着の着こなしを紹介してもらうことで、幅広い層にリーチできます。
  • ストーリーズで日常をシェア: 古着仕入れの旅、リメイクの過程など、裏側を見せることで親近感を生み出します。

これらのアイディアと戦略を駆使して、あなたの古着ビジネスを次のレベルへと導きましょう!

安く仕入れるなら「SMASELL」もおすすめ

「SMASELL」は、古着の仕入れにおいて大変おすすめのプラットフォームです。多種多様なブランドやスタイルの古着が手に入ります。

その上、価格帯も幅広く、初心者からプロの古着ビジネスオーナーまで、誰でもお手頃な価格で商品を見つけることが可能です。

取り扱う古着のカテゴリは、Tシャツ、スウェット、ニットなどのトップスはもちろん、ファッション雑貨や、ベビーウェアなど、レディース、メンズ、キッズの幅広いファッションアイテムを仕入れることが出来ます。

今なら、新規会員登録で2000円以上に使える500円OFFクーポンも貰えるので、さらに安く仕入れを行うことが出来ます。

今から始めたいという初心者や個人の方、すでにビジネスをはじめている方など、どんな方でも古着の仕入れをMAX98%OFFで行える、オンラインショッピングモール「SMASELL」で可能性を広げましょう。

 

お得に買って地球を守る オンラインファッションモール SMASELL(スマセル)

Comment

There are no trackback yet.

RECOMMEND

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RELATED

PAGE TOP