お知らせ

【クラウドファンディング 達成率260%!】申込受付終了

スマセルサステナブルコミューンクラウドファンディング 達成率260% 売れ残った新品商品から古着、雑貨まで約7000ブランドの商品を最大90%オフで販売するオンラインのアウトレットモール「SMASELL(スマセル)」を運営する株式会社ウィファブリック(本社:大阪市西区)代表取締役:福屋剛)が2024年1月10日より実施してきたクラウドファンディング「大阪に2024年夏オープン予定のSDGsを体験できる複合型店舗【SMASELL SUSTAINABLE COMMUNE(スマセル サステナブルコミューン)】設営」につきまして、開始後わずか6日で目標金額の100%を達成、その後もSDGsや地域活性化など注目を集め、143名から目標金額を大幅に上回る総額26,010,000円(目標金額の260%)の支援を集め、2024年2月7日にプロジェクトを終了いたしました。沢山の方からご支援をいただき、心より感謝申し上げます。

 

以下、プレスリリース掲載内容を転載いたします。

 当社は理念である「ファッションをもっと楽しく持続可能なものに」するために、アパレル業界で課題となっている廃棄課題に対して業界全体で真摯に取組むことで、ファッション本来の楽しさを再生させるとともに、環境にも業界にも負荷をかけない持続可能な社会システムの実現を目指してまいります。 

        リノベーション前の廃工場                  リノベーション後(完成予想図)

◆施設概要

https://www.smasell.jp/sp/smasellsustainablecommune?utm_source=blog&utm_medium=banner&utm_campaign=blog_ssc

◆SNS

https://www.instagram.com/smasell_sustainable_commune/


◆プロジェクト概要

目的:オンラインアウトレットモール「スマセル」で伝えきれなかった環境問題について、「おいしい・たのし

い・うれしい」というリアルな体験を通じて、体感していただく

内容:当社本拠地である大阪市内に、楽しみながらSDGsを体験できる複合型店舗「SMASELL SUSTAINABLE CO

MMUNE(スマセル サステナブルコミューン)」を2024年夏にオープン

当社が取り扱うアパレルのデットストックや古着の販売だけでなく、サステナブルに取り組むインテリア、

食品、植物、アート、音楽など様々なカテゴリーのブランドや企業に出店いただく

毎回購入するごとに希望する団体(森林保全団体・戦地の難民支援・地震の被災地等)に100円を寄付でき

る仕組みを構築

今後:タレント・インフルエンサーの古着を中心としたフリマイベント等での集客も検討しており、一人一人が楽

しみながらサステナブルを体感できる体験型の店舗にしていきたい


取り扱い予定ブランド:MONCLER/JIL SANDER/COMME DES GARCONS/NIKE/adidas/PUMA etc.

◆代表 福屋のストーリー

当社代表の福屋は、学生時代に60か国以上をバックパックで旅し、壮大な大自然に触れ大きく心を動かされました。このとき、手つかずの自然の美しさに感動し、「自然を守りたい」と思った気持ちは、その後の行動の根源になっていきます。

そして、大学3年生の時に留学先のニューヨークでホームレスにスープを配るボランティアに参加。冬には零下20~30度になることもあり、亡くなる人も珍しくない環境。温かいスープで救えるならと、アルバイトで貯めたお金もつぎ込み熱心に取り組みました。しかし、結果としてわかったことは、時間と資金の限られた学生の力ではホームレスという社会課題への根本的な解決ができないということでした。挫折と同時に社会問題の解決をビジネスとして成立させることで、持続的に社会をよくできるのではないかと考えるようになりました。

大学卒業後、繊維専門商社に入社し、インテリアやルームウェア、ファッション雑貨などオリジナル製品の企画・生産・販売まで一貫して関わりました。仕事は非常にやりがいがあり充実した日を過ごしていましたが、ある日、テレビで衣料の廃棄問題について知りました。自分自身も知らず知らずのうちに環境問題に加担しているのではと気付き、この問題に向き合うべく、2015年春に株式会社ウィファブリックを創業しました。

創業当初は、使われなくなった生地や糸や製品を用いて、新たなインテリアプロダクトを生み出すアップサイクル事業を行っていましたが、立上げ当初で資金力もない状態ではすべての生地などを買い取って再流通させることができませんでした。そんな折、新型コロナウイルスの影響で百貨店やショッピングモールの休業が続き、アパレル各社が大量の製品在庫を抱えていることに気づきました。そこで、より多くのニーズに応えるため、「SMASELL」という在庫を廃棄せずに売り切りたいブランドと商品をお得に買いたいユーザーをマッチングするプラットフォームを立ち上げました。現在は、25万人以上ものユーザーが集まるマーケットプレイスへと成長しました。また、アップサイクルのプロジェクトなども手がけ、広範囲で廃棄ロスの問題に取り組んでいます。

今後、よりサステナブルな社会を実現させるためには、顧客とのコミュニケーションをより強固にすることが必須だと考えています。オフラインのSDGsを体験できる複合型店舗「SMASELL SUSTAINABLE COMMUNE」を通じ、少しでもサステナブルな意識を持つ人が増え、地球環境の保全に貢献できればと考えています。

■SMASELL(スマセル)について
ファッションの廃棄ロスを無くすため、廃棄せず最後の一点まで商品を届けたい企業と、お得に商品を購入したいユーザーをつなげる共創型マッチングプラットフォームです。オンライン上でこれまで接触することが出来なかった両者をつなげることで、『廃棄のない循環型社会』を目指しています。

サイト URL:https://www.smasell.jp/?cp=press

■株式会社ウィファブリックについて(スマセル運営企業)

代表:福屋 剛(ふくや つよし)

東京オフィス:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目16-6 二葉ビル3F

大阪オフィス(本社):〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目14-24 タツト靭公園ビル7階

コーポレートサイト:https://www.wefabrik.jp/

設立年: 2015年3月

資本金: 10,000万円

事業内容:アパレルのオンラインマッチングプラットフォーム運営事業

お得に買って地球を守る オンラインファッションモール SMASELL(スマセル)

Comment

There are no trackback yet.

RECOMMEND

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

RELATED

PAGE TOP