繊維・アパレル・ファッション業界の在庫処分・廃棄問題にSDGs視点で取り組む、アパレル卸売・仕入れサイト「SMASELL(スマセル)」のブログメディア

出品者様

カスガアパレル株式会社 代表 今井浩輔様インタビュー

カスガアパレル株式会社 代表者 今井 浩輔 様 Q. SMASELLを使ってみて初めに感じられたことは何ですか? 初めはやってみた半信半疑でやってみたんです。今までもネットで余った生地を売ったことがあって、実際あまり売れた体験が無かったんです。それがSMASELLに掲載したらすぐ売れたので、正直驚きでした。見てるんだな、と。

株式会社リンワン 代表者 崔萌芽様インタビュー

Q. SMASELLを使い始めたきっかけについて やはりどうしても商品全体の1割くらいは在庫として残ってしまう部分はあって、ブランドイメージを傷つけたくないという観点から、最終的には在庫を破棄してしまうこともありました。 そういった商品も何とかしてうまく活かしてゆけないかと思っていまして、それがSMASELLを使い始めたきっかけです。 もう一つ、アパレル業界は在庫が原因で黒字倒産する企業が沢山あります。どうやって在庫を現金化するかということは現実的な問題としてありますので、このこともSMASELLを始めた理由ですね。

独自の新規販路で海外進出するなら今?

4割という数字が何を指すか、お分かりですか? この数字は、海外進出を決めた企業のうち、撤退、もしくは撤退を検討したことがある企業の数なのです。 当然ながら、世界の市場は日本よりも広く、需要も必ずあるはずですが、4割もの企業が海外進出に苦戦を強いられている、というデータがあります。(2014年度、帝国データバンク「海外進出に関する企業の意識調査」)

理論在庫と実在庫

理論在庫と実在庫のズレが生じる原因 商品の在庫を管理する表、専用のシステムに記録されている在庫を「理論在庫」と言い、実際に倉庫にある在庫を「実在庫」と言います。 両者が常に一致しているのが理想ですが、業務の都合上、ズレが生じることがほとんどです。