繊維・アパレル・ファッション業界の在庫処分・廃棄問題にSDGs視点で取り組む、アパレル卸売・仕入れサイト「SMASELL(スマセル)」のブログメディア

株式会社リンワン 代表者 崔萌芽様インタビュー

株式会社リンワン 代表者 崔萌芽様インタビュー

Q. SMASELLを使い始めたきっかけについて

やはりどうしても商品全体の1割くらいは在庫として残ってしまう部分はあって、ブランドイメージを傷つけたくないという観点から、最終的には在庫を破棄してしまうこともありました。

そういった商品も何とかしてうまく活かしてゆけないかと思っていまして、それがSMASELLを使い始めたきっかけです。
もう一つ、アパレル業界は在庫が原因で黒字倒産する企業が沢山あります。どうやって在庫を現金化するかということは現実的な問題としてありますので、このこともSMASELLを始めた理由ですね。

Q. SMASELLを使って良かった点は?

マッチングが思った以上に早かった点です。一日で売れましたね。

バイヤーさんの数が多いことと、商品のページがきっちり作られていることがマッチングの速さにつながっているのかなと思いました。
今回が初めての取引だったにも関わらず、万単位の数量の服をまとめて取引できたことも、効率的で良かったです。

安心して決済ができる点もいいですね。金額自体が高額になるため、SMBCが間に入っているというのは、出品者/バイヤー、お互いにとってのメリットだと思います。

Q. 今後SMASELLに期待することは何でしょうか?

私はエコロジーに対して大きな関心がありますので、地球上の資源を無駄なく使ってゆくことは大切だと思っています。
在庫をこんなスムーズに売買できるサイトはSMASELL以外にはまだ出てきていないと思うので、繊維ファッション業界だけに限らず、使われていない他の資源もマッチング(再利用)できるよう、活躍を広げてゆかれることに期待しています。

No More Waste!

CTA-IMAGE 年間 8000 万トンの繊維製品が廃棄処分されている事実を知り、企業の抱える在庫を廃棄ではなくグローバルにシェアすることで、人類の未来のために持続可能な循環型社会を創造したい。そんな想いから、「在庫を必要とする企業」と「処分したい企業」のマッチングプラットフォームとして、スマセルは誕生しました。

●「ガイアの夜明け」「ルソンの壺」で放映
● 2018年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞日経産業新聞賞
● 循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰受賞

サプライヤー登録はこちら

インタビューカテゴリの最新記事