繊維・アパレル・ファッション業界の在庫処分・廃棄問題にSDGs視点で取り組む、B2Bマッチングプラットフォーム「Smasell(スマセル)」のブログメディア

繊維製品の知られざる裏側

繊維製品の知られざる裏側

人が生きていく上で必要不可欠なものと言えば「衣食住」。その中でも、繊維製品である「衣服」は、単に体を包んで守るものではなく、個人の自己表現をしたり、生活を楽しむ役割を担う重要な存在となっています。

しかし一方で、ファッション産業がもたらす環境負荷は大きく、環境問題となっているのです。

ファッション産業がもたらす環境負荷

繊維製品とは、繊維を原料とする製品のことで、綿糸や毛織物、衣料品など種類は多種に及びます。これまで衣服は綿や羊毛などの天然繊維が主流でしたが、今ではポリエステルやナイロンといった石油由来の合成繊維が主流です。合成繊維は、大量のエネルギー及び有毒化学物質を利用して工業的に製造するため、これだけでも温暖化への環境負荷を増加する要因と言えます。

また、綿や麻、羊毛などの天然繊維が時間の経過とともに生分解するのに対し、合成繊維は生分解しないため、埋め立て処分をされると、土に還らず滞留し続けることになり環境問題にもなっております。

日本における繊維製品のライフサイクルフローは経済省の調べによると、繊維製品の総消費量のうち衣料品消費量は、半数以上の何百万tにもなります。これに比べ、繊維・ファッション業界におけるリサイクル比率や再使用はまだまだ低調のため、環境に配慮した取組が求められています。

繊維製品の知られざる裏側

 

不動在庫が招く様々な問題

デッドストックとなった在庫は、世界中の企業様の悩みの種となっています。コスト面では、赤字を出さないために決算のタイミングで在庫処分を先送りにする場合があります。それでも換金できない在庫は廃棄処分される場合もありますが、廃棄業者に依頼するのもコストがかかります。そのため、在庫処分のために様々な対策を行う必要が生じ、多くの時間と体力、思考を費やすことになるのです。

不動在庫は資産として計上するため、課税対象となります。また、生地の在庫を置く場所がない・使い道がないなどの理由から使える資源が廃棄される場合もあります。

年間8000万トンもの繊維製品が廃棄処分

その方法は大きく分けて二つ。一つ目の焼却処分に関しては、大量の二酸化炭素排出により地球温暖化の問題に直接的につながっています。二つ目の埋め立て処分に関しては、土に還らない合成繊維類はずっと土の中に滞留し続けるため、夏場になると異臭を放ち、近隣の住民にも甚大な被害を及ぼし、深刻な環境問題になっております。

アパレルの不動在庫が招く様々な問題

マーケティングのありかた自体を変える必要性

「仕入れる生地を予算内で収めたい。」「目玉となる商品を仕入れたい。」「仕入先を探している。」繊維・ファッション業界ではこのような仕入れの悩みは尽きません。変化の激しい繊維・ファッション業界では、絶えず創造開発と挑戦が求められています。

マーケットの動向に柔軟に対応し、さらに売上を向上させるには、お客様のニーズの変化を的確に捉えたマーケティングアクションを行うことです。そのためには、必要なものを必要な分だけ必要な時に仕入れて、適正在庫を徹底して管理することが何よりも重要と言えます。

特価で生地の仕入れをお考えなら

仕入れた生地の在庫にお悩みの方へ~問屋・商社・アパレルなど~

「仕入れた生地が大量に売れ残り、この生地を使用する服の需要が望めないので困っている。」「発注ミスで同じ生地ばかりが残ってしまった。。」

このような問屋・商社・アパレルなどの企業様が頭を抱える不動在庫は、資源としてまだまだ使えるものです。しかし、課税対象となる在庫を持たないために、廃棄処分せざるを得ない場合もあります。

廃棄処分するにもコストがかかる不動在庫は、焼却により環境問題の発生にもつながるため、もっと有効活用できればいいのに・・・と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

これらの問題を解決し、在庫を抱える企業もそれを必要とする企業も、そして環境もHAPPYになるための新しい選択肢がSMASELL(スマセル)です。

No More Waste!

CTA-IMAGE 年間 8000 万トンの繊維製品が廃棄処分されている事実を知り、企業の抱える在庫を廃棄ではなくグローバルにシェアすることで、人類の未来のために持続可能な循環型社会を創造したい。そんな想いから、「在庫を必要とする企業」と「処分したい企業」のマッチングプラットフォームとして、スマセルは誕生しました。

●「ガイアの夜明け」「ルソンの壺」で放映
● 2018年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞日経産業新聞賞
● 循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰受賞

コラムカテゴリの最新記事